スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木さん「医療保険」について教えて下さい!

キャンペーン生活!のオフれこ会では、やんちゃセレブの鈴木 厚ファイナンシャルプランナーに毎回気になるお金のお話をQ&A形式でお答えていただいてます。


[今回は医療保険に関するご質問]
Q.自分に合った「医療保険」を選ぶポイントを教えて下さい。

鈴木さんの回答
A.医療保険の見直しは、しておくべきです。

なんと加入率は72.3%
入院や手術をカバーする医療保険ですが、昔は特約という形で生命保険に付加されているケースが多かったですが、今は単体での医療保険が主流となっています。その加入率は72.3%(生命保険協会平成22年調べ)とかなりの普及率です。

一方で、医療環境が変化している今「加入しているから大丈夫!」と安心しきっていると、いざという時にそんなはずじゃなかった、となることも多いので一度ご自分の保険証券をチェックしておくと良いでしょう。特に特約タイプの方は絶対に見直しをお勧めいたします。


できれば独身の時から…

生命保険ですと加入年齢や生活環境(共働き、子供の人数、受けさせたい教育水準)などによって必要保障額が異なったり、カバーするための保険の形が違う場合もあります。しかし医療保険に関しては、高齢になればなるほど使う(給付を受ける)可能性が高くなるので、できれば保険料が安い独身の時から自分に合ったものを選んで長く続けることが良いでしょう。





医療保険の見直しについてチェックする7つのポイントはコチラ!
1.特約タイプ

生命保険や養老保険の特約として医療保障が付いているタイプです。この場合は、本体の保険が満了を迎えた時点で当然のことながら医療保障もなくなります。終身保険の場合でも、医療特約は80歳で終わってしまうとか、60歳を過ぎると保障内容が低くなるといったタイプが多いです。



2.保険期間
一生涯をカバーする終身タイプが主流ですが、保障は貯蓄ができるまでの「つなぎ」と考えるなら更新型という選択肢もあります。ただし更新型を選ぶ際には、同時にライフプランをしっかり立て、将来必要となる可能性が高い医療費をどの時点から、どうやって貯めるかをかなり綿密に計画しておく必要があります。



3.払込期間
保険期間が終身タイプの場合は、60歳〜70歳までの収入もあり、頭もしっかりしている間に払込を終了することをお勧めします。終身払いは月々の保険料が安くなるので一見良さそうですが、何歳になっても払続けないといけなく、うっかり払い込みを忘れ「失効」してしまうリスクを考えるとお勧めできません。



4.ボーナスや満期金
運用益からボーナスを支払うにはよほど予定利率が良いとき、つまり10年以上前に加入した保険でないと考えられにくいです。既に入っている医療保険がこのタイプの場合、払込保険料の合計額とボーナスの合計額を比較してみると良いでしょう。今のように予定利率も非常に低い状況では、いまから加入を考えている方には、ボーナスタイプはお勧めできません。



5.給付条件
古いものですと、5日目以降から支払われるとか、8日以上入院しないと給付されない場合が多いです。このタイプでは、入院はしたものの支払対象となる期間を迎える前に退院というケースがでてきてしまいます。最近は1日目から支払われるタイプが主流ですが、この点だけで古いからといって入り換える必要はありませんが、ひとつのチェックポイントです。



6.先進医療特約
先進医療とは、新しい医療技術の出現・患者ニーズの多様化等に対応するために、健康保険の診療で認められている一般の医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働大臣から承認された医療行為のことを言います。これだけ聞くと、なんかすごくよさそうですよね。最近のテレビCMでもやたらに先進医療特約をクローズアップしているのですが「保険販売のエサ」にされている感が拭えません。正直、この特約が付いていないからといって、それだけで入り換える必要はないと思います。もちろんこれから加入する方は是非付けられたらいいでしょう。



7.医療情報提供サービス
万一入院の際に、「セカンドオピニオン」「優秀専門医の紹介(無料で紹介状を書いてもらえる)を受けられるサービスです。施設数から対応可能な患者数にも限度がある粒子線治療などの受診確率を高める可能性もあり、先進医療特約との相乗効果も考えられます。




いかがでしょうか?
難しい保険も項目を抑えると分かり易いですね。

キャンペーン生活!のオフれこ会本館(PC)でも鈴木さんのお話が聞けちゃいますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
キャンペーン生活!

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。