スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちにぴったりのマイホーム選びを教えてください!

やんちゃセレブの鈴木さんがQ&A形式で皆さんの素朴な疑問に、お答えしていきます。

Q.現在は賃貸ですがこのまま家賃を払い続けるより
マイホームを購入した方が・・・と思っています。
私たちにぴったりのマイホーム選びを教えてください!



a1180_000438.jpg



A.絶好のタイミングです。
全期間固定金利が3%を下回っている時は住宅購入に有利なタイミングと言われます。その点で今は正に絶好のタイミングです。
(2012/06月現在)


見落としがちな住宅選びのポイントを2つお教えします。
1.確かな情報を豊富に持った専門家を味方に付けること。
2.よい資金計画をたてること。


a1180_002033.jpg

良い専門家を味方に付ける。
最も身近な専門家といえば住宅営業マンでしょう。しかし、本当に信頼できる優秀な営業マンに当たることはなかなか簡単ではありません。住宅展示場やマンション内覧会などでアンケートに答えると、その時の営業マンが担当になってしまいます。そして一度ついた担当を変えるって結構面倒なので、アンケートひとつでも慎重にするべきでしょう。
友人、知人で最近住宅購入したとか、検討中という人がいて、優秀な担当者であれば紹介してもらうのは意外と良い手です。



資金計画を考える時に多くの人が犯す「3つのミス」

1.チラシやパンフレットに載っている価格が
総額だと勘違いしてしまう。


2.面倒なので予算づくりや資金計画を
営業マンに任せてしまう。


3.変動金利と固定金利の違いを
しっかり理解しないままにローンを組む。




a1220_000008.jpg



細かい諸経費まで教えてくれる
営業マンがいい。

チラシやパンフレットには往々にして建物だけの価格しか載っていないことが多いです。費用にはその他に諸経費が必要です。具体的には各種税金や保険料、更には引越し費用などです。予算を組む際にはこれら全てを漏れなく足し上げた金額で考えなくてはなりませんが、営業マンによっては少しでも高い物件を売りたいためにこれらをはしょってしまう人もいます。逆をいえば諸費用まで細かく掲載してくれる営業マンを選びたいものです。


資金計画を予算と混同せずに考える
資金計画を考える上で、予算と混同している方が圧倒的に多いのでしっかり認識しておきましょう。予算とは買う前の段階で、土地や建物の価格がいくらで、自己資金としていくら用意するかを検討し、そのために住宅ローンをいくら借りる必要があるかを確認することです。資金計画とは30年以上という長期間にわたり、ローンの返済や住宅を維持するために必要な支払が滞りなく行えることを確認し、準備を行っておくことです。

良い資金計画とはきっちりローンの返済さえできれば良いというものではなく、返済をしながらも貯蓄が増え、人生を楽しむことができる計画です。がんばってローンを組んだはいいがその負担が重く、返済が人生の全てになってしまっては本末転倒ですよね。


世の中の90%以上の人は固定金利を選ぶべき
この原稿を書いている時点(2012/06)で変動金利は約0.9%。固定金利は約2%です。1.1%も金利が高いのになぜ固定金利を勧めるのか、不思議ですよね。当面は上がらないといわれている金利ですが。変動金利の場合、35年間金利が上がりませんようにと毎日お祈りしていなければなりません。もちろん途中での変更は可能ですが、仮に金利が1%上がったとします。

そうすると変動金利は0.9%→1.9%、固定金利は2%→3%になりますね。どうですか?固定金利に変える気になりますか。0.9%からいきなり3%には変えたくないですよね。でも今変更しておかないと更に金利が上がってしまうかもしれませんよ。もちろん、変動金利も固定金利も全ての金利が一律に上がるわけではありませんが、少なくとも変動金利は上がっても、固定金利は上がらないなんていうことはないでしょう。

やっかいなのは今の金利は前代未聞の安さなので、営業マンがそれを武器に売りやすい状況ということです。わざわざ高い固定金利を勧めるために、ややこしい説明をして、それでお客さんが面倒くさくなり商機を逃してしまうなんてこともあり得るので、営業マンは変動金利を勧めてくるケースが多いです。しかし、それで今後35年間安心していられるか、よく考えてから選びましょう。


a1180_000347.jpg


悩んでしまったときは、住宅営業マンの話を聞きながら、同時に住宅ローンに詳しい独立系FPのアドバイスをセカンドオピニオン的にもらうのがよいでしょう。 

a1180_004047.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
キャンペーン生活!

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。